まーちゃんのぐ~たら部屋

京都で活動中のJAZZシンガーです。「チョーヤの梅酒」のテーマソングや、「宝塚エリー」などのCMソングも歌っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告

なんか寒くない?

ビールを飲むべきか迷ってしまう。


それよりも、焼酎を水割りで飲むべきか、お湯割りで飲むべきか迷う。

どっちも飲んだらお腹に悪いもんなぁ。。。絵文字名を入力してください




「知るか!!」って聞こえてきそう。。
えへ。だぬん

スポンサーサイト
    2008/09/30(火) 23:23:45| 日記 | トラックバック:0
  1. | コメント:2

幼なじみの結婚式。その報告。

080920_1518~0001

ついに、郁ちゃんが結婚してしまいました。
綺麗でしょ~~~困ったな


080920_1526~0001

ほら。 綺麗でしょ~~~ずび

笑いあり、涙ありの素晴しい結婚式でした。
今まで郁ちゃんを見てきた中でも、この日の笑顔はNO.1に輝いていました!
大学時代から付き合って約7年たってのゴールイン。
いろいろあったとは思いますが、本当にお似合いのカップルです。
ご主人が消防士ということもあって、会場は体育会系な雰囲気で、皆さん声もでかく、すごい迫力でしたが、なぜか皆さん涙もろい・・・・。

私の出番がきたのはお色直しが終わってからだったので、終わりのほうでした。
新婦友人代表として紹介されて、自己紹介をしたりしたはず。。。
何をしゃべったかはほとんど記憶にありませんが、「郁ちゃんの笑顔が今までで1番綺麗で・・・」という事は式のときからずっと思ってたことで、それだけは言おうと思って口にしたとたん、声が震えてしまいました。
「これでほんとに郁ちゃんは日吉から出て行ってしまうんだな」って実感したのと、「郁ちゃん幸せになってね」って気持ちがたくさん溢れてきて、歌う前から泣きそうになってしまったのですが、歌い終わるまでは絶対に泣かない!!!と心に決めていたので踏ん張りました!

イントロが流れてきて、歌いだしたて間もなく、どこからかすすり泣きが・・・・。

「ぐす・・・・ぐす・・・」

(え・・・郁ちゃん泣いてるの?)

「うぅ・・・・・う・・・・」

(誰や。泣いてるのは。頼むから泣かんといて!!)

こんな風に自分との戦いをしていたのは覚えています。
サビまできたとき、すすり泣きが、嗚咽に変わってきたのです。

我慢の限界が来て目を開けてしまいました。

(新郎かい!!!・・・ぁ゛ )

そう突っ込んでしまった瞬間、気が緩んでしまい、今まで我慢していた涙がいっぺんに流れてしまいました。
すると、涙は伝染していき、酔っ払ったおじさんとか知らない人まで世界に浸ってくださり、
「ぃよっっ!!!」とか掛け声がかかったり、バラードなのに手拍子までしていただき、何とも言えない雰囲気に包まれながら最後まで歌詞も間違えずに歌いきることができました。
京都から一緒に行った友人「マユ」もずっと泣いていて、「めっちゃ感動した~だー」って言ってくれたんだけど、郁ちゃんはもっともっと複雑な気持ちでいるんだろうなぁと感じていたのです。
そのあとに、「お手紙」が読み上げられました。
郁ちゃんからお母さんへの手紙。
母子家庭で育っただけに、やはり後ろ髪を引かれる思いでの結婚式だったようで、言葉にだした瞬間ずっとこらえていた感情が押し寄せてきたのでしょう。涙が止まらなくなってしまい、会場はまたもや嗚咽の嵐に。
でも、お母さんはぐっ歯を食いしばって、涙もみせずにお手紙を聞いておられました。
「どれだけの苦労をしてこられたのだろう・・・」って本当に尊敬しました。

最後の最後に、郁ちゃんが「まさみ。これ。」って渡してくれたもの。
それは何よりも嬉しいプレゼントでした。
本当に叶うんだろうか・・・・





080921_1205~0001


ふるさと

めぐる風を抜け 新たな道を行く君は
幼い頃のような 輝いた瞳をしている
覚えていますか? 裸足でかけっこしたあの夏
泣き虫だった僕を 守ってくれてたのはいつも、君だった

一度は離れ離れになったけれど
偶然、この街で出会った奇跡
僕らはずっと友達さ

桜咲く春が過ぎて 蛍舞い上がる夏の訪れ
秋の風が吹けば また冬がきて白く染まる街
つらいときは目を閉じて 故郷を思い出せばいい
Don't cry ひとりじゃない
I Believe you can fly 君は時の旅人

苦しくつらいことは 誰もが通る道だけど
君の目の前にある道は 永遠の愛を誓うバージンロード

一人で育ててくれた母を想い
流した涙の意味を忘れずに
いつまでも笑っていてほしい

もう迷わず前を向いて 翼広げ羽ばたけ 今
戸惑うことなど何もない 旅立つときがきた ただそれだけさ
真っ白に続く道を 君色に染めてしまえばいい
Don't cry ひとりじゃない
Happy wedding song for you 君は夢の旅人

覚えていますか? みんなでいつも口ずさんだ
僕らの青春の歌は 心にあるずっと・・・

僕らは旅人 時の旅人 lalala......
僕らは旅人 夢の旅人 lalala......


    2008/09/24(水) 23:57:57| 日記 | トラックバック:0
  1. | コメント:5

幼なじみの結婚

いよいよ明日に迫ってきました・・・・・。
私の親友である、郁ちゃんがついに結婚します。
郁ちゃんとは、小学校1年の時に出会い、小1が終わると同時にお互い別々のところへ引っ越してしまいます。
そのまま会うことなく月日は流れ、私が小6のとき、またもや引っ越すことになります。
それが今の私の故郷であります、日吉町胡麻なのですが。
「こんな田舎になぜきてしもた・・・・」と思いつつ、中学1年生の入学式を日吉町で迎えます。
無人駅のぼろぼろの胡麻駅で、声をかけられました。

「まーちゃん・・・?」

見たことある。

「いくちゃん?」

そうです。なんと、郁ちゃんは5年前に引っ越した先が日吉町胡麻だったのです。
それからというもの、クラスは3年間同じで、いつも一緒に過ごしてきました。
中学を卒業してからは、それぞれの道を歩んできましたが、
たま~に連絡をとっては励ましあってきました。
郁ちゃんは、実は母子家庭で育っています。
おばちゃんはいつも一生懸命働いておられて、郁ちゃんを名古屋の大学にまで行かせてあげました。
おばちゃんが愛情たっぷり注いでこられたので、郁ちゃんは誰よりも明るくて真っ直ぐな性格です。
勉強もできて、運動もできて、リーダーシップもとれて、言うことなし。
そんな郁ちゃんは、名古屋の大学時代からお付き合いしていた彼とゴールイン。
きっと今頃緊張してるんでしょうね。

実は私も緊張しています。
なぜなら。
歌うからです。
しかも、何を血迷ったか・・・・オリジナル曲を作ってしまいました。
しかも、作り終えてから気がついたんですが、ちょっとキーが高い気が・・・・。
自分で作っておきながら、1番と2番の歌詞がごちゃ混ぜになってしまう癖があり、
明日どうなることやら、そわそわしている次第でございます。
結果報告はのちほど致しますので、また覗いてくださいね^^;

いざ!まいるぞ~。

    2008/09/20(土) 00:30:11| 日記 | トラックバック:0
  1. | コメント:2

親指小指号

もうすぐ親指小指のお店も10周年になるのですが、いろんなことがありました。

いろんなイベントにも出たし、すごく忙しい思いをして修行したときもあったけど、
そんな私とお父さんたちをいつも運んでくれてたのは、この子です。


000414.jpg
                     「親指小指号 カーゴ君」


急にエンジンが停止してしまい、この度廃車になってしまいました。
軽バンだから決してかっこいぃ車とはいえませんが、この子は今まで乗ったどの車よりも勇敢でした。
10年で、約17万K走ってくれたのです。
東京へ出張のときも、重たい荷物をたくさん積んで、何回も往復しました。
九州へも行きました。岐阜へも行きました。
だいぶ弱ってはきてたのですが、いつも整備してくれている「平井モータース」さんが丁寧にメンテナンスして下さっていたので、ここまで頑張って走ってこれたのだと思います。
平井パパありがとうございました。
普段私は、東山二条に住んでいるので車はのることがありません。
だから、日吉町胡麻に住んでいる母がいつも乗ってくれていました。
でも、先日母が車で東山二条まで会いに来てくれたとき、私がカーゴ君に乗って日吉町胡麻へ帰ることがありました。
カーゴ君を運転するのは久しぶりで、ゆっくりドライブを楽しみながら帰ったもんです。
その時のエンジン音といえばいつもどおりで、ご機嫌でした。
まさか、あのドライブが最後になるとは思っていなかったので、お別れも言えずに廃車になってしまったカーゴ君のことを思うと、今までの思い出が溢れて今日の私はブルーです。

今やから言うけど、カーゴ君の左ドアの大きな凹み。
あれは、当て逃げされたのではなく、私がぶつけたのです。
だって、初心者やったから・・・・。
だいぶ錆びてドア開きにくかったもんなぁ。

すいませんでしたっっ!!!!

    2008/09/17(水) 23:39:15| 日記 | トラックバック:0
  1. | コメント:3

憧れのトランペッター

今日は、お店がとても忙しくてへとへとになってしまいましたが、
予想外の出来事が私を救ってくれましたおばけ

あの、Jazzトランペッターの藤井美智さんがお店に来てくださいました!

美智さんは、私がいつもお世話になっている和菓子屋「養老軒」さんの本田さんという方とは家族同然の仲らしく、以前からお話は聞いていたのですが、「Newアルバムを発売された」という情報を教えてくださったので、「私もほしいです!!買います!!」とお願いしていたのです。

そしたら、御本人さまがわざわざ来てくださって、しかもサインまでしてくれて、
それだけでは終わらないのですよ~。
これを見よ。





080911_1948~0002

えへへ~~。2ショットです。jumee☆shy2

嬉しさのあまり、くるくる踊りたい気分でした。
いやしかし、私はやっぱりテカッてますねー。
しかも、こうして美智さんと並ぶと、自分の顔がいかに大きいか再認識しちゃいます。

さて、ゆっくり美智さんの「Will」を聴かせていただきま~す。
皆さんも、是非聞いてみてくださいね!!

    2008/09/12(金) 01:40:37| 日記 | トラックバック:0
  1. | コメント:0

犬のつぶやき

中尾家の一員であります、「銀ちゃん」と「文太」。
どうやら彼らなりに不満があるようでして。。。。
ちょっと聞いてやってください。



CIMG1532.jpg

なー。なー。
昨日まで涼しかったから、てっきり僕は秋の到来やと思ってたのに。
なんか。暑くない?
お姉ちゃんが一生懸命手入れしてる花壇。
土を掘ったら冷たくて気持ちいいんよね。
でも、それしたらお姉ちゃんにすごい怒られるんよね。
だから最近我慢してたのに、これだけ残暑がきついと僕にも我慢の限界があるし。
あ~~~あつ。




CIMG1527.jpg

そんなこと言ったってあんた。
僕なんかこの暑い中服まで着せられてるんやで。
これみてみー。

「I Love 骨」 て書いてあるんやで。
たしかに骨っこは好きやけど、ここまで露骨に書かれたら恥ずかしいったらありゃしまへんで。




ぎん


うん。それはダサいな。近所のさっちゃんも笑ってはったで。

それより、お姉ちゃんが出てくる気配がしたから花壇から降りたらバレへんかったわ~。
「銀ちゃんいい子ね~^^」ってこんな写真とってくれはった。
うらやましい?




080806_1204~02


あ、そう。 よかったね。
あ~~~あつ。ほんまやってられへん。
扇風機ほしぃ~。




と、我が家の愛犬 「銀」と「文太」は 今年の夏と戦っているのでした。。。。




    2008/09/01(月) 00:06:23| 日記 | トラックバック:0
  1. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。