まーちゃんのぐ~たら部屋

京都で活動中のJAZZシンガーです。「チョーヤの梅酒」のテーマソングや、「宝塚エリー」などのCMソングも歌っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告

Come back!!

半年に1回は必ず書いている出来事ですが、やっぱり書いちゃいます。

1.jpg

私の憧れのシンガー、深尾多恵子さんがNYから帰ってこられました。

東京、京都、大阪、滋賀、岡山、博多と凄まじいスケジュールのライブツアー2008.
見てきましたよ。。。タコ焼き持って。
これまたすごい臭いがしていましたね。
お店の片付けをほっぽりだして見に行ったのですが、それでも1ステージの最後の曲からしか聞けませんでした泣き顔
でも、明らかに半年前とは雰囲気が全然違いました。
何やろ・・・?
今までの多恵子さんはどっちかというと「クール」な感じだったのですが、
今回の多恵子さんは「穏やか」ってかんじ。
すごく大人な雰囲気なんだけど、お茶目な性格が歌に表れてすごく可愛かったです困ったな

NYでは、アジア人の名前が書いてあるだけでCDも聞いてもらえない世界なんだそうです。
でも、プロのミュージシャンが「Taekoの歌は素晴しいから1曲目だけでいいから聞いてくれ!」と無理矢理CDプレーヤーに入れて評論家みたいな人に聞いてもらったそうな。
すると、「おっ!なんだこの子は!」という反応があちこちで起こったそうで、活動も幅広くなったとお話しておられました。
また、NYで行なわれたJazzボーカリストコンクールで12位になられたそうです。
約100人中で12位ですよ!?
おめでとーーーー!!!!!!!!!!!jumee☆SaturdayNightFeverR

渡米してから約10年たつらしいのですが、人には言えない苦労をされてきたことだと思います。
音楽学校に通って学んだわけでもなく、独学でここまでこられたそうです。
「好きだからこそ続けてこられた」これしかないとブログにも書かれていますが、
「日本人として誇りをもって世界中のJazzマーケットを視野にいれて活動していきたい」と目標を語っておられました。
ここまでくるまでの10年という年月はすさまじく過酷な道のりだったように私は思うのですが、多恵子さんのことだから、「歌は一生をかけて学ぶことだから、たった10年の勉強」と言われるような気がします。。。

私は、多恵子さんみたいな人生を歩んでるわけではなくて、高校中退のうえたこ焼き屋を細々くやっているわけで、もっと頭が良くなれたらなぁ・・・とほぼ毎日思っていますが、私は私なので、きっと私の音楽人生は「たこ焼き色」に染まったおいしいシンガーになれる可能性大という予感がします。
なんか意味不明ですが、多恵子さんみたいな素敵な女性になれるように私も地道に努力していきたいと思います!
皆さん、気長にお付き合いくださいますようお願い申し上げますm(_ _)m
スポンサーサイト


    2008/12/04(木) 01:27:16| 日記 | トラックバック:0
  1. | コメント:0
<<あさちゃんデビュー! | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://welovejazz.blog113.fc2.com/tb.php/113-ee6e0f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。